2022年11月24日 スタッフブログ

おすすめ!ハワイ3島巡り

山田

この記事を書いた人

山田

  • カパルアリゾート
  • ハワイ
  • ハワイハネムーン
  • ハワイ周遊
  • マウイ島観光
  • ラナイ島

【フェリーを使った、いつもと違う旅】

今回は、ハワイへの個人旅行で面白い行程を一つご紹介します。通常のツアーでは飛行機を使ってオアフ島と離島を移動するパターンが多いですが、あえてフェリーを利用して、あまり日本人観光客が行かないラナイ島へも足を延ばすプランをおススメします!

【まずはマウイ島】

私はハワイの島々でマウイ島が一番好きです。マウイ島の持つ島の雰囲気が大好きです。

世界のホテルが参考にした「カアナパリ」やロックフェラーが発見して開発した「カパルア」、雨が少ない南の地域を開発した高級リゾートの「ワイレア」、お得なコンドミアニムが並ぶ「キヘイ」にハワイの州政府所在でもあった古都「ラハイナ」。

ラハイナ

外洋に浮かぶ無人島「モロキニ島」、世界最大級の休火山「ハレアカラ国立公園」など、見どころや宿泊先がたくさんあります。米国本土からの観光客が多いのも納得の島ですね。

ハレアカラ

日本からホノルル経由でマウイ島に行くには、カフルイ空港カパルアウエストマウイ空港の2つが玄関口です。今回は個人旅行なのでカパルアウエストマウイ空港を選択します。

カフルイ空港でも良いのですが、宿泊先のオススメがマウイ島北西部にあるカパルアなので、このカパルアウエストマウイ空港が便利です。

レンタカー営業所は空港近くに1件だけアラモレンタカーがあるので、ここでレンタカーを借ります。タクシーなどで移動しても良いと思いますが、マウイ島で何をするかによって、レンタカーの必要性を考えます。

カパルアリゾートは、2つのチャンピオンシップゴルフコースや10面のテニスコート、全米ベストビーチに選ばれたことがあるカパルアビーチ、5つ星ホテルのリッツカールトンカパルア、コンドミアニムのカパルアヴィラ、高級一軒家(レジデンス)のカパルアレジデンスなど、日本にはない幅広いリゾート施設を誇るハワイ総合点数NO.1のリゾートだと個人的には思っています。

カパルアヴィラ

【次にラナイ島】

パイナップルアイランドのニックネームを持つラナイ島の島の90%以上はオラクル社が所有。かつてはマイクロソフトのビルゲイツ氏がラナイ島を貸し切って(?)ゴルフコースで挙式したことでも有名になりました。

フォーシーズンマネレベイホテル

ラナイ島は2つの超高級フォーシーズンズホテルと1軒のB&B ホテルラナイがあります。のどかな雰囲気の中、ゴルフコースとテニスやクレー射撃、美と健康のオアシスのセンセイリゾートなどがあり、世界中のセレブが内緒で訪れる島なんです。

ホテルラナイ

そのラナイ島へは、ホノルルからプロペラ機で飛ぶ事もできますが、今回は少しハードルを上げて船で行きます。
船は、ラハイナから1日4本運行されています。約1時間の船旅。12月以降なら運が良いとクルーズ中にザトウクジラが見えます。

ラナイ島ではホテルの施設など利用してのんびりと過ごして下さい。ここは本物の安らぎが得られる島です。ワイキキのように忙しく過ごすのはなしにしましょう。プールやスパ、ゴルフコース、テニスなどもして1日中過ごす。するといかにリゾートでの施設を上手に利用できるかがポイントだと分かります。

ガーデン・オブ・ザ・ゴット(神々の庭園)

欧米諸国の観光客に比べ、日本からの観光客はまだまだ外出派が多いですが、ラナイ島に来たらすべてを忘れてひたすらのんびりと過ごすのもいいですね。

【最後にオアフ島】

帰国便に合わせて余裕を持った日程でオアフ島に戻ります。最後はお買い物やショーなどを楽しんでください。

詳しくは下記の動画でも説明していますので、ぜひご覧ください。

山田

この記事を書いた人

山田